超システムである

免役力
noriko
noriko
時々思うんですが、ばい菌って一体どうゆうつもりなんですかねぇ
noriko
noriko
たとえば虫歯をおこすミュータンスという菌は、スクロース(砂糖)がついているとばい菌はそこに付着できる
できると、砂糖を発酵させて酸をつくるので歯のエナメル質や象牙質を台無しにしてしまう。

 

しかし、虫歯菌は人間の歯を台無しにするのが目的で生きているわけじゃないなと、私はばい菌になったつもりで考えてるんですよ。

noriko
noriko
しかし、今にわかにばい菌になってみたばかりだから、本当の所はよくわからない。
なんで私は歯についた砂糖を発酵させるのか、歯も砂糖も無い時には私はどこでどうして生きていたのか?
noriko
noriko
ばい菌として思うには「私はなにも虫歯菌なんかではないのだ。それはまぁ、人間を結果として虫歯にしちゃったのはすまないと思う。 

 

 が私は私で生きていて、それがたまたま人間の迷惑になってしまっただけで、私は何も矢印みたいな角を生やして愉快犯かのように、人の口の中をほじくったり腐らせたりしているわけじゃないような気がする。

misacyan
misacyan
免疫があるおかげで、人間は生き延びてきました。人類だけじゃなく象やキリンもカバもそれぞれの種が保存されてきたわけです。

 

免疫の基本は、自己と非自己を識別するということです
これを生存の戦略に利用してきた。

 

じゃあ、これ一体いついからこんな戦略をも用いだしたかってことになりますが、

 

生物の歴史でいうと、比較的最近なんですね。ヌタウナギ、脊椎動物としては非常に初期ですが円口類というもの、このあたりからどうも免疫らしい免疫というのができたらしい。

 

そうゆうわけで、免疫らしい免疫はというのは魚類からあと、ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました