進化というものはいったい何なのか?

免役力

多くの科学博物館などに行ってみると、複雑な歯車や梃子を組み合わせて、最終的には
たかが一個の卵を割るだけというような、ゴールドバーグのナンセンス機械というのが展示してあったりします。

複雑だからといって別に高級だというわけではない。進化というものも別に目的に沿って進歩していくというのとは違うのです。

今から6千5百万年前の白亜紀の末に絶滅したアンモナイトという古生物の化石を見たことがあるでしょう。棒状または渦巻の殻には、内部に隔壁で区切られた小部屋がたくさんあることを示す複雑な縫合線がみられます。初期のデボン紀のものは単純ですが、ジュラ紀 白亜紀になると、だんだんと著しく複雑な方向に向かって「進化」しているのですが、だからといって小部屋の複雑化が生存にとって何か利点になったという証拠はないです。

ただひたすら複雑化していくのです。
進化は英語でエボリューションもともとは「展開する」とか「回転する」といった意味です。
別に「進歩する」という意味はないのです。

免疫系とか脳とかの超(スーパー)システムは一度展開が始まったらもうとまらないという形で、ますます複雑化してしまったのではないでしょうか。

おかげで逆にに弱点も現れてきたのです。

とはいえ人間生きるのに年をとってきたらパワーがほしくなるそんなといきは軟骨成分コンドロイチン

小太郎
小太郎
バイキンやウイルスは、ヒトや動物の細胞の中に入って、子孫をふやす。「悪気」はないんだけど、それがヒトや動物を病気にしたり死にいたらしめてしまったりする。

 

ワレワレとしては困る。

 

がワレワレも、魚や豚や牛やニワトリを「悪気」はないんだけど殺して食べたりする。

 

生きていくために、子孫を残すために?動物ってのは、なんでそんな子孫を残したがるんだろう?

misacyan
misacyan
超(スーパー)システムって、超むずかしそうで、超フクザツで、超めんどくさいけど、超気持ちわかる気もする。

 

やっぱり自分たもんが、超システムでできてるからね。


私達、人間の体に存在するコンドロイチンはA型とC型です。
現在、一般的に多く流通している「サメ由来」のコンドロイチンはC型とD型。
「サメ由来」のコンドロイチンには、A型は含まれていません。

しかし、A型は特に年齢とともに減少幅が高いコンドロイチンです。
人と同じA型とC型を効率的に補うには、鮭の鼻軟骨からとれる
「鮭由来」のコンドロイチンがおすすめです。

元気に歩く!軟骨成分コンドロイチンと国産グルコサミン、キャッツクロウ配合『毎日活歩』

コメント

タイトルとURLをコピーしました